九州・東海地区で太陽光発電を設置するなら

2017年11月08日
太陽光発電で水を作り出す水筒!

こんにちは、ライフソーラーの米田です。

 

インターネットを見ていたら、太陽光発電の商品で

こんなものを目にしました。

 

太陽光発電で、空気中の湿気から水を作り出す水筒

Fontus(フォンタス)

 

 

オーストリアの企業が開発したこの商品、

太陽電池を使って空気中の湿気から水を取り出し、

飲み水としてペットボトルに満たすという水筒とのこと。

 

アウトドア用のアイテムらしいのですが、防災アイテムとしても

活用できそうですよね。

 

ボトルを包んでいるカバー自体が太陽電池で、

使う時にはそのカバーを外して、太陽光にあてると

水筒に付いている電動ファンが外気を取り込み、

取り込んだその空気を冷やす仕組みだとか。

 

 

 

ある程度の気温と湿気がある条件下であれば、

約一時間で、500mlの水生成も可能だそうです( ◎ ◎ )

 

凄いですねえ~。

 

この製品、未来のデザイナーやエンジニアを称え、

育成支援することを目的としたコンペティション

「ジェームス・ダイソンアワード」で、2014年に

ジェームス・ダイソン賞を受賞したとのこと。

 

ダイソンと聞いて、あれ?と思われた方もいるかと

思いますが、このコンペは、掃除機などで有名なダイソン社の

創業者ジェームス・ダイソン氏が開催している

国際公募展なのだとか。

 

 

世界の名だたる企業は、社会貢献・人材発掘の為に

こういったコンペも積極的に行ってるんですね。

 

少し話が逸れましたが、太陽光発電には色々な

活用方法や、まだまだ沢山の可能性を秘めている

ものだなあ~、と感じました。( ^^ )

 

 

 

 

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラへ

カテゴリー: