九州・東海地区で太陽光発電を設置するなら

2018年06月15日
探査機

こんにちは、アフタープラス2の櫻井です。

小惑星探査機「はやぶさ」を覚えていますか?

小惑星イトカワへ到着・離着陸後、通信電波が届かず数年間の行方不明からの救出、イオンエンジンの応急処置による運転継続、そして7年後地球に帰還できた事が特に印象に残っていると思います。

今、二号機の「はやぶさ2」が、2014年12月3日に打ち上げられ、小惑星(リュウグウ)に今月到着予定です、無事に帰還出来る事を見守りたいと思います。

今回のプロジェクトは、太陽系の起源・進化と生命の原材料物質を解明するためです。

C型小惑星には、その構成物質に有機物や水が含まれていると考えられています。

地球たんじょうの謎に加えて、海の水の起源や生命の原材料となった有機物の起源を探る、それが「はやぶさ2」が目指していることなのです。ちなみに、ウルトラマンの故郷M78星雲はオリオン座に有りますよ。星空を見上げて探して見て!

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラへ

カテゴリー: