九州・東海地区で太陽光発電を設置するなら

2019年09月27日
電気代削減に必要なデマンドデータとは!?
鹿児島・熊本で自家消費型太陽光発電をするなら『太陽光発電のライフソーラー』にお任せ!
皆さん、こんにちは!ライフソーラーの米田です。
今回は、電気代削減に必要な「デマンドデータ」についてご紹介させていただければと思います。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

電気代削減を実践するためには、まず今の電力消費量を確認する必要があります。
そこで、必要となってくるのが「デマンドデータ」です。
高圧、特別高圧で受電しているビル、工場などでは、電力会社が最大需要電力計(デマンドデータ)が
組み込まれた測定機器を取り付けて、電気の使用量を計測しています。そしてデマンドデータは、
30分間ごとの電気使用量を計測し、平均使用電力(kW)を算出しています。
そして1ヶ月の最大の値を記憶し、表示するようになっています。
 
各企業様の契約電力はそのデマンドデータの最大値が最大デマンドデータとなり、
この値が契約電力を左右します。
※デマンド値が大きくなれば契約電力も大きくなります!
 
なお、高圧受電500kW未満で契約されている企業様は、その月と過去11か月の最大需要電力(デマンド値)の中で
最も大きい値が契約電力となり、基本料金の計算に使用されます。つまり、
1度でも高い最大需要電力(デマンド値)がでると、1年間その契約電力値が適用されることになります。

一方で、高圧受電500kW以上で契約されている企業様は、電力会社との協議により契約電力が決められ、
毎月の基本料金の算出に使用されます。最大需要電力が契約電力を超えると、超過電力に基本料金率を乗じた金額を
違約金として支払うことになります。
また、超過した最大需要電力(デマンド値)をもとに、新たに契約電力変更の協議が行われます。これにより、
電力使用量は同じでも、契約電力が大きくなれば(デマンドデータが増加すれば)、
電気料金が上がってしまうことになります。
 
ですから、電気代削減のためには、
契約電力(デマンドデータ)を低く抑える
ことが有効な手段になります。
 
自家消費型太陽光発電では、蓄電池をセットすることにより、デマンド値を低く抑えることが可能になり、
省エネを実現することにつながります。また自家消費型太陽光発電、及び蓄電池には補助金があります。
なお、今年度の補助金は終了しています。毎年申込時期が決まっているので、
年間を通じて申し込めるわけではございませんので、ご注意ください。
 
 
本日もお読みいただきありがとうございました。
鹿児島・熊本で太陽光発電を設置するならライフソーラー九州全域対応可能です!お気軽にお問い合わせください!
 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

九州で太陽光発電を設置するなら太陽光発電のライフソーラー

 鹿児島営業所  鹿児島市西別府町3116-138 TEL 0120-331-867 FAX 0120-331-248

   熊本営業所    熊本市南区出仲間1丁目9-19 TEL 0120-548-338 FAX 0120-851-481

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラーへ