九州・東海地区で太陽光発電を設置するなら

2019年10月08日
FIT終了後に検討されているFIPとは?
鹿児島・熊本で自家消費型太陽光発電をするなら太陽光発電のライフソーラーにお任せ!
皆さん、こんにちは!ライフソーラーの遠矢です!
 

先日、日経新聞より「FIT終了」に関する記事が出ていたと思います。
結論から言うと2020年にFITは終了しませんが、2021年3月以降に新たな制度への見直しが検討されております。
その1つとして今回は   FIP   についてご紹介させていただきます。

 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
FIPとは、「Feedin Premium」の略で、発電した電気を「市場価格+上乗せ金(プレミアム)」
売却できる制度です。既にドイツ、オランダ、デンマークといった欧州諸国では導入されており、
日本では、その制度を参考にして導入を検討しています。
 
  FIPには3種類ある 
FIPは「市場価格+上乗せ金(プレミアム)」で売電するということですが、詳しくは3種類存在しています。
 
❶プレミアム固定型
 この特徴は、電力市場の価格に関わらず、「一定額を上乗せする」ということです。
 市場価格次第で、売電単価が変更となります。


❷プレミアム固定型(上限・下限設定あり)
 この特徴は、上記の固定型がベースですが、市場価格の変動に
 上限・下限を設けているということです。
市場価格+上乗せ金(プレミアム)の合計が上限を超える場合は、
 上乗せ金の部分が上限に合わせてカットされます。
一方で、市場価格+上乗せ金(プレミアム)の合計が
 下限を下回る場合は、下限の金額まで上乗せ金の部分がプラス調整されます。


❸プレミアム変動型
 この特徴は、市場価格の変動に応じて、上乗せ額(プレミアム)を変動させ、売電単価を一定に
 するということです。これが、現行のFIT制度に最も近い形態となります。なおドイツ、オランダなどは
 この変動型を採用しています。肝心の売電期間などはまだ決まっていませんが、欧州諸国では
 「FIP制度を段階的に導入していった」経緯があります。日本においても、消費税の様にいきなり
 引き上げるというよりは、段階的にFIT制度からFIP制度へ移行していく可能性が高いと考えられます。
 
 
 
太陽光業界は制度が変わることも多く、今後もこのブログで最新情報をご提供させていただきます。
本日もお読みいただきありがとうございました。
 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

九州で太陽光発電を設置するなら太陽光発電のライフソーラー

 鹿児島営業所  鹿児島市西別府町3116-138 TEL 0120-331-867 FAX 0120-331-248

   熊本営業所    熊本市南区出仲間1丁目9-19 TEL 0120-548-338 FAX 0120-851-481

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラーへ