九州・東海地区で太陽光発電を設置するなら

2019年10月21日
再エネ活用率100%を目指すには

鹿児島・熊本で自家消費型太陽光発電をするなら、太陽光発電のライフソーラーにお任せ!
皆さん、こんにちは。ライフソーラーの持田です。

 

太陽光業界では、これまでの「作った電気を売る」から
「作った電気を使う」という自家消費の流れに少しずつ動いています。
背景には、売電価格の下落がありますが、一方で「電気使用単価が上昇している」ということもあります。
企業様によっては、「売電単価<電気使用単価」となり、自家消費型の方がメリットが出る場合は増えてきています。

 

国として「2030年までに再エネ比率を50%にする」という目標を掲げていますが、
大手企業を中心に再エネ電気の活用を意識する時代になってきています。
また近頃では、大手企業から取引先である中小企業に対しても「再エネを使うように」と依頼される事例もあります。

 

中小企業の皆さまが再エネを導入するためには、どのようなことが必要なのでしょうか?
現段階では大きく6つあります。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

❶  企業が保有する発電設備による発電
❷  企業の敷地内に設置した他社が保有する設備からの購入
❸  企業の敷地外に設置した発電設備から専用線を経由して直接購入
❹  企業の敷地外に設置した発電設備から系統を経由して直接購入
❺  電力小売事業者との契約
❻  再エネ電力証書の購入

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

(1)は自社の費用負担で設置する形ですが、(2)~(6)は設備負担をせずに「購入」するということです。
短期的に見れば、(2)~(6)の形式が良いですが、中長期的に見れば(1)がオススメです。

 
なぜならば、今後上昇する電気代を削減できる効果はもちろんですが、
自社負担でも「補助金」や「優遇税制」を活用できるためです。
業種によっては設置スペースがない場合もあるため、注意が必要ですが、
製造業・倉庫業・小売業・学校業・旅館業・医療介護業においては、
メリットが出やすく、補助金採択企業を見ても同様の業種が採択されています。
 
広い屋根屋上がある遊休スペースがある
このような場合は、メリットがあると言えます。
再エネを導入することで、差別化も図れ、大手企業からの注目もされる自家消費型太陽光を
是非ご検討してみてはいかがでしょうか?本日もお読みいただきありがとうございました。
 
鹿児島・熊本で太陽光発電を設置するならライフソーラー九州全域対応可能です!お気軽にお問い合わせください!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

九州で太陽光発電を設置するなら、太陽光発電のライフソーラー

 鹿児島営業所  鹿児島市西別府町3116-138 TEL 0120-331-867 FAX 0120-331-248

   熊本営業所    熊本市南区出仲間1丁目9-19 TEL 0120-548-338 FAX 0120-851-481

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラーへ

カテゴリー: