鹿児島・福岡・熊本・宮崎で太陽光発電を設置するなら

2017年09月11日
重要!だけど、まだ知らない人も多い改正FIT法

こんにちは、ライフソーラーの米田です。

 

早いものでもう9月中旬、太陽光発電事業者様に関わる

「改正FIT法」に伴う手続きの締切が迫ってまいりました。

 

 

9月30日が事業計画書の提出締切ですが、

(10kW未満設備は本年12月31日まで延長されました)

まだ、この法改正の内容や、何の手続きが必要なのか、

ご存じない発電事業者様も多いようです。

 

エネルギー関連の情報サイトにこのような記事が

掲載されていました ↓↓↓

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

電力・エネルギーの専門メディア スマートジャパン

(2017年9月11日掲載)

改正FITを理解しない太陽光事業者が3割も、6割は保守契約せず

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

当社のブログでもご紹介させて頂きましたが、

手続きをしないまま放置しておくと、

売電権利を失う可能性が高くなるため、発電事業者様に

とって重要な申請となります。

 

\いつの間にか売電権利が無効に!?/

▼改正FIT法に関する内容はこちら▼

2017年06月27日掲載 【質問コーナー】改正FIT法ってなに?

 

 

大抵は設置した時の販売店が、それぞれのお客様に

対して法改正のご案内をしているかと思いますが、

販売店が倒産してしまった場合は、この法改正を知らない方も

いらっしゃるかもしれません。

また、販売店自体が法改正の内容を理解していない場合も、

お客様方に、何が必要なのかきちんとした

説明がなされていない事があるかもしれません。

 

「法改正に伴う手続き」も「保守点検」も、国が発電事業者様に

《義務》としたものであり、今後の太陽光発電の運用のために、

遵守する必要のあるものです。

 

 

当社のお客様方には、お手続きに関するご案内を

随時させて頂いておりますが、

他の販売店で設置されたお客様におかれましても、

まだお手続きが完了していない、どんな状況か

分からないという場合には、早めにご契約先の

販売店などへお問合せされることをおすすめ致します。

 

 

保守点検もまだ「必要ない」とお考えの方も

義務化されたから、ということを抜きにして、

安全・安定運用のためには必要なものです。

メンテナンスがあまり要らず、手間がかからないと

言われる太陽光発電でも、思わぬトラブルや故障、

自然災害による破損などに見舞われることがあります。

 

 

当ホームページでも、メンテナンスについて

ご案内させて頂いていますが、なぜ必要なのか、

具体的にどんなトラブルがこれまでに起こっているのか、

事例など踏まえ、近々「質問コーナー」のページにて

改めてご紹介したいと思います。

 

↓↓参考↓↓

ライフソーラーHP メンテナンスページ

 

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラへ

カテゴリー: