九州・東海地区で太陽光発電を設置するなら

2019年07月29日
「太陽光発電2019年問題と蓄電池セミナー」を開催しました

7月27日(土)に一日限定の勉強会「太陽光発電2019年問題と蓄電池セミナー」を

ライフソーラーのお客様を対象に鹿児島・熊本の2会場で開催しました。

 

【鹿児島会場】

【熊本会場】

2009年11月よりスタートした太陽光発電の固定買取価格制度。

10年間(住宅用)の買取期間でしたが、2019年10月31日以降、順次満了いたします。

今年10年目を迎えるお客様の中には、すでに九州電力より案内を受け取って

いらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

高い売電単価での買取が終了するとあって、満了を迎えた後の

売電や活用は今後どのようになるのか、太陽光発電を設置されている

オーナー様にとっては非常に気になる問題かと思います。

 

 

\ 今後一体どうなるんだろう?? /

そこで今回、特別講師を招き、国より公示された

「買取期間終了」の内容とその対策・今後の選択肢について

解説ならびにご案内をさせて頂きました。

 

 

 

当日は多数のお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。

一日限定だったこともあり、ご参加出来なかったお客様にはお手数をおかけしました。

ご希望の方には、個別で担当営業よりご説明させていただく事も

できますので、お気軽にお申し付けください。

 

 

 

 

鹿児島・熊本・宮崎・福岡で、太陽光発電・小型風力発電・LED照明の設置をお考えなら、
安心と実績のライフソーラーへ